体験談

新しくなった横浜アンパンマンこどもミュージアムに行ってきた話

2019年8月23日

やましー
おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。

最近、娘のうーたとお出かけをしていませんでした。

 

んー最後にお出かけしたのって

よしお兄さんに会いに行ったこの時以来でしょうか?

 

よしお兄さんに逢いたくて 川崎ハッピーママフェスタへ行った話

やましー おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。       休日。   行こうかどうしようか悩んだ ハッピーママフェスタによしお兄さんに会 ...

続きを見る

 

まぁ今年の梅雨は雨が続きましたしね......

明けたらめちゃくそ暑いですし

外に出るのが中々、億劫になる季節でございます。(自分の場合)

 

とは言っても家でゴロゴロしているのももったいない。

 

そろそろ動き出さねばと思い

遊びに行こうとした先は

アンパンマンこどもミュージアム!

 

えぇ....過去に何度か行った事があります。

 

以前記事にもしました。

 

横浜アンパンマンこどもミュージアムに娘と遊びに行った話

やましーおはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。   はい。   これ。   インフルエンザになって休んでいた時以来     最近ア ...

続きを見る

 

また行っても

特に新しい体験も出来ないし

記事にする事なんてないんじゃないか?

と思われますが

 

アンパンマンこどもミュージアムは

2019/7/7に移転してリニューアルオープンいたしました!

 

まだまだアンパンマン大好きなうーた。

 

ここは一度行っておかなければなりません!

 

そんな新生アンパンマンこどもミュージアムに行ったお話を記事にいたします。

 

 

アンパンマンこどもミュージアムへ行く前に

基本的に自分はどこかに遊びに行く時に事前準備をしない。

 

例えばこれから行くアンパンマンこどもミュージアムに関してショーが何時にあるとか

こんなご飯が食べれるとか

いっつも行き当たりバッタリである。

 

 

調べるのは目的地は何処にあるのか?ぐらいだ。

 

それじゃいけないと思いつつも

結局、今回も下調べは特にしなかった。

 

 

だが早めに目的地に行こうと思い

朝それなりに早い時間に家を出た。

 

しかし

最近、虫刺されやアレルギーもあるのか

うーたは頻繁に手足を掻きむしってしまって

酷い有様になっていた。

 

 

虐待では?疑われちゃうぐらい酷い。

(これ見て児相に連絡しないでくださいね)

 

皮膚科になかなか行けなくて

処方されていた薬もなくなって

どんどん酷くなるので

このままではいけないと思い

まずは病院へ。

 

 

この日はお盆真っ只中。

 

いつも行っている皮膚科がやっていない。

 

しかしこの状態でこのままどんどん悪化したら更に大変だと思い

隣駅にある

お盆中でも診察してくれている皮膚科に向かう。

 

皮膚科に着くと診察を待つ患者さんが超満員。

 

このエリアで唯一診察している皮膚科だったので

超絶混み合っていた.....。

 

 

何も下調べしない代わりに早めに家を出たのに

結局はいつも通り

情報なし時間も中途半端状態になってしまった。

 

さらにこの日

実はオムツなし外出のデビューの日だったのである。

 

先日、遂にお姉さんパンツに切り替わったうーた。(寝る時はまだオムツ)

 

詳しくはこちら
オムツがとれた日

やましー おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。   唐突ではございますが わたくしやましーは オムツが大好きです。       ..... ...

続きを見る

 

何が起きるわからないのでオムツをしている時よりも荷物が多めになってしまう。

 

着替えと一応、保険でオムツを用意していた。

(だって怖いんだもの)

 

長い待ち時間。

 

うーた
おちっこー

 

早速きた。

 

よし....トイレへ。

 

一度目のトイレは成功。

 

子供用の便器があればそんなに煩わしくないのだが

うーたの体のサイズで1人で用を足すとなると

どうしても便器の上に座る時に

自分が支えてあげないといけない。

 

多分

70パーくらいの確率で便器にインしてしまう

 

 

そういう点からやはり外出時はオムツの方が楽だ。

 

まだトイレにすぐ行ける状況ならばいいけれど

すぐ行けないという状況だと

恐怖以外の何者でもない...。

 

 

全然関係ないが

Twitterやイラストでお世話になっているむとうさんがその昔アイコンにしていたこれ

 

 

トイレに行ってうーたを抱えた時に

何故か思い出して写真を撮ってしまった。

 

 

 

はい。全く関係ありません。

 

何ならこの病院の件も全然本編とは関係ありません。

ごめんなさい。

でもここまで書いちゃったから惰性で続けます。

 

そして更に待たされ

何冊うーたに絵本を読み聞かせさせたかわからない。

 

そして遂に

うーたの名前が呼ばれた。

 

うーた
おちっこー

 

やましー
.......

 

 

 

なるほど。

 

 

 

オムツがない外出はなかなか

「うまく事が運ばない」

という事を目的地に着く前に自分の頭の中に刻み込まれた。

 

 

 

あーもうオムツが恋しい。

 

 

 

 

診察が終わると

とびひが酷いとの事で

しっかり薬をつけて

包帯ガーゼ等で搔きむしらない様に保護しなさいとのことだった。

 

 

 

変顔とは裏腹に見た目が痛々しい...

が集中してケアしていかなければ....

 

ともかくこれで目的地に出発できる。

 

さぁ行こう。もう12時を過ぎている。

 

 

お薬手帳に貼るシールを体に貼るのはやめなさい。

 

アンパンマンこどもミュージアムへ

病院に行った事により

すっかりお昼を過ぎていた。

 

ランチは向かう途中にあるファーストフードで早く済ませ

アンパンマンこどもミュージアムへ急ぎ向かう。

 

さて....肝心の場所だが

以前のアンパンマンこどもミュージアムの最寄りは新高島駅だったが

移転後は横浜駅からも近いという事で

横浜駅から徒歩で行くことにした。

 

 

各最寄り駅から徒歩で写真付きのわかりやすい記事があったので掲載しておく

 

 

途中の

はまみらいウォークにて写真をパシャり。

 

いい天気に笑顔。

 

しかしとびひによる包帯等が痛々しい....

(虐待ではありませんからねっ!)

 

 

うーた
あんぱんまんはやくあいたいなー
うーた
うーちゃんあんぱんまんだいちゅきなんだー

 

わくわくしているうーた。

 

こういう姿を見るとこっちが嬉しくなってくる。

 

約10分ほど歩いて

到着。

 

いい笑顔。嬉しい。

アンパンマンこどもミュージアム1F

リニューアルした新アンパンマンこどもミュージアムは3階建。

1階がグッズやレストランやフードコートなどの施設が入っている。

 

パン屋さんも健在。

 

以前のあった子供のヘアサロンは無くなった模様。

 

一階は特に目新しい物が無かったので二階へ。

アンパンマンこどもミュージアム2F、3F

全く事前に情報を入れていなかったので

何があるのかわからない状態だったが

1Fがグッズなどを販売する店舗やレストランとなれば

2Fは有料のミュージアムに違いない。

 

でもな....確か高かったんだよな....

前回はスマホのバッテリーがなくなりそうで焦ったり

肝心のショーもしっかりと見れず

うーたはそれなりに楽しんでいたから良かったのだけど

あまり有料エリアに良い思い出がない。

 

まぁそれでもせっかく来たんだし

とりあえず行ってみようかと思い

階段を登ると

何やら壁に書いてある。

おおお....かわいい....

なんだこれ.....

絵が繋がっているのか?

ならば動画でアニメ風に!

 

 

ちょっとこれからの期待値が高まった。

 

しかしきっと以前の有料ゾーンと対して変わらないんだろうなぁ.....

と思いつつもチケット販売の入り口へ

 

 

な......

 

 

な....ん....だ.....と.....

 

 

 

 

に.....

2200....円だ....と....

お...大人も

こ...こども2200円だ....と....??

 

 

 

高。

 

 

 

 

合わせて4400円。

 

確か以前の料金は大人も子供も1500円だったはず。

 

うむむ....

まぁでも久しぶりにお出かけしたし

最近貯金しようと思ってあんまりお金使ってないし.......

 

 

いっか。いこ。

 

 

そしてチケットを手にして

変顔うーた。

(女子力低)

パン工場

中に入ると早速ショーが行われていた。

 

 

しかし大好きなバイキンマンの登場で何故かビビるうーた。

 

 

やましー
バイキンマンいつもお家にいるじゃん怖くないよ
やましー
一瞬悪いことするけどいつもいい奴じゃん

 

と大人の事情満載のバイキンマンのフォローが効いたのか

落ち着きを取り戻し正面に移動してショーを観る。

 

 

混んではいるけれど

それなりにしっかりと観る事が出来る。

 

『まもれ、みんなのパン工場』と題されたショー。

内容としては

くらやみまんアンパンマン達の戦い。

 

結構迫力あるし

くらやみまんのデカさにチビっ子達はビビりまくっていた。

 

あとアンパンマンの新しい顔が投げられるシーンは一見の価値あり。

(ちょっとシュールさも感じて笑ってしまった)

 

そして凄いのは子供たちの応援の力強さ。

みんな一所懸命に応援。

もちろんうーたも周りの子に負けず大きな声で

 

うーた
あーぱーまーん!がんばれー!

と叫んでいた。

 

アンパンマンが勝利した後のうーたの顔。

 

 

清々しい表情。

 

ショーの完成度に

もう既に料金が上がった事への不満は少し緩和され

以前のアンパンマンこどもミュージアムの有料ゾーンとは違う事を認識し始めた。

 

ボールパーク

続いてはボールパーク。

 

 

ここで

今までのアンパンマンこどもミュージアムとは別物になったんだと確信した。

 

以前はこういった子供が遊べるスペースがあまりなく

博物館という意味合いの方が強かった様に思う。

 

これなら長い時間、子供を遊ばせてあげる事が出来る。

 

 

うん。

なんか高いと思ってお金払ったけど

損した気分がなくなってきたぞ。

 

 

楽しそうにボールで遊ぶうーた。

 

しかし

一瞬、目を離した隙にボールパークの外へ駆けて行ってしまった。

 

やましー
(え?)

 

と思い後を追うが

それなりに混雑していて完全に見失ってしまった。

 

 

やましー
(うわ...どうしよ...)

 

かなりテンパる。

 

やましー
うーた!うーた!

 

名前を叫びながら辺りを探すが一向に見当たらない。

 

やましー
(迷子のお知らせしてもらう...?)
やましー
(でもそれうーた聞いても理解できないよね...?)

 

外出時に混雑した場所で

はぐれた事がなく

不安な気持ちからへんな汗が出てくる。

 

やましー
(とにかくスタッフに聞いてみよう)

 

やましー
あの...すいません...子供とはぐれちゃって....どうしたらいいでしょうか?

 

この瞬間、日本で5本の指に入るほど挙動不審で余裕のないお父さんランキングにインしたと思う。

 

スタッフ
わかりました
スタッフ
ではインフォメーションに受付してください

 

やましー
で...でも...3歳で...あ....もうすぐ4歳...になるんですけど...迷子のお知らせとか聞いても理解しないと思います...

 

スタッフ
大丈夫ですよスタッフが着ているお洋服とか特徴教えていただければ探しますので

 

やましー
あ..あ...さがしてくれるんですね....

 

完全に日本でベスト5に入るテンパりお父さんを優しくフォローしてもらえた。

 

 

 

 

 

受付を済ませている途中に

スタッフ
あ!あのお子様ですか?

と言われ

見てみると

特に泣きもしてなく平然としているうーたがスタッフと手を繋ぎ歩いてきた。

 

やましー
もう!何してんだよーーーーー!!!!!

 

そっか。

 

昔、子供の頃に親とはぐれた後めちゃくちゃ怒られたのはこの所為か...

そりゃ怒るわ。

 

不安な気持ちが膨れ上がって

見つかった時に爆発して

心配で心配でもう2度と勝手に走って行かないでって怒りの感情になるわ...と思った。

 

でもしっかり見ていない自分の所為だ...

どうしても心配から怒りの感情に変化し怒ってしまうけれど

ごめんねって言おう。

 

やましー
うーた....もう勝手に走って行っちゃダメだよ..
やましー
でも
やましー
パパもちゃんと見てなくてごめんね....

 

 

うーた
いーよー

 

.....なんなんその顔

やっぱむかつく。

少しはパパとはぐれた事に対して動揺しろ。

わんぱくアイランド

子供が遊べる場所は他にもいくつもある。

 

こちらは綱を手に坂を登り....

 

 

下る。

 

 

何が面白いのかわからないが

子供はこういった遊具が好きである。

 

大人は特に面白くないなと思う遊びを子供が真剣に面白がって遊んでいるのを面白がってずっと見てしまう。

だから結局大人も子供も面白い。

 

続いては

海の中にクジラがいる。

 

 

そしてエンドレスでその周りを駆け回る遊びを提案してくれる遊具。

 

 

ひたすらに見ず知らずのお子様とかけっこをしてるうーた。

 

 

さらにボールプールもある。

 

 

 

とりあえず寝てみる。

 

 

もうこれだけでかなり充実しているじゃないかという感想。

 

そしてこの遊具は全て衛生的にどうかは知らないが

靴を履いたまま遊ぶ事を推奨しているようだ。

 

このぐらいの子供の靴の脱ぎ履きは

回数が頻繁にあると結構億劫である。

 

自分としては靴のままというのが意外と嬉しい。

 

わんぱくアイランドの締めを飾ったのは

網の下にボールを敷き詰めたトランポリンのような遊具。

 

 

 

ティガーのように跳ねるのが大好きなうーたは

ここでももちろん楽しげに全身全霊全力で跳ねていた。

 

うっふふふぅー!

 

急におかしくなったわけじゃありませんよティガーの真似ですからね。

 

 

そしてやっぱり寝る。

とりあえず寝心地を確かめずにはいられないお年頃のようです。

 

 

このエリアには遊具が集まっていて

ここだけでもお子様はかなりの時間を楽しく過ごせるのではないかと思う。

 

学校

 

何やら人が群がっている。

 

やましー
何をしてるんですか?

 

スタッフ
アンパンマンのお面を作ってるんですよ!
スタッフ
お子様でも簡単に作れるのでどうぞ!

 

お面....しかもアンパンマンの....

よし。

チャレンジさせてみよう。

 

やましー
うーた。アンパンマン作る?

 

うーた
うん!うーちゃんあんぱんまんだいしゅき

 

スタッフに参加する意思を伝えると

頭の大きさに合わせたバンドをはめられた。

 

 

平成後期に生まれた昭和中期のフォークシンガーそのものである。

 

というちょいちょい間に挟むおふざけにやや飽きてきている所だと思うので

アンパンマンの製作過程を写真にてお送りする。

 

簡単そうだけど本格的なアンパンマンになりそうだ。

 

 

のり。

 

 

 

左ほっぺ装着。

 

 

 

のり。

 

 

 

右ほっぺ装着。

 

 

 

のり。

 

 

 

鼻装着。

 

 

 

ペン。

 

 

 

そこは口なのか?

 

 

え?口?まさかのおちょぼ?

 

 

ん?もう一方に書くという事は...目か。

 

 

 

口。いい調子だ....すごい....。

 

 

 

ま......まさか3歳8カ月でもう眉毛を描くという概念があるのか....!?

 

 

 

手が邪魔でみえん。

 

 

おおおおおおおおおおっっっっっ!!!!!

ちょっと気が抜けてるけど

アンパンマンになってるっっっっっ!!!!

1人でっ!うーた1人で作ったーー!!!

し.....しゅごい.....!!!

 

 

さらに....

 

 

テカリの表現まで.....っ!!!

 

 

 

そして成功の変顔....!

ちょっとキレがない。

 

早速スタッフのお姉さんに付けさせてもらう。

 

 

かわいい!すごい!しゅごい!天才!

 

 

わぁ感動。

 

お子様の普段見せない秘めたる力を解放してくれる

まさしく学校そのもの。

 

楽しい感動おすすめ

興奮しすぎて文章がつなげられません。

 

素敵体験感謝感激雨あられ。

 

みんなのまち

展示物などグルっとみてまわる

 

 

んー靴脱がなくていいんだよ。

 

 

野菜が収穫出来る仕掛け。

 

 

 

アンパンマン号これは確か以前のミュージアムにもあったはず

 

 

 

それなりに観るものすべてに反応を示すうーた。

 

本当連れて来てよかったなぁ.....

なんて思っていると

 

うーた
おちっこー

 

あ。そうだった。もうオムツじゃなかったんだ....

 

トイレに急がねば。

 

催した時は教えてくれるようになったが

まだ、うーたの積載量がどれほどで

どれだけ我慢が出来るのか実績がない。

 

とにかくおちっこと発せられたならば

すぐさまトイレに直行せざるを得ない。

 

 

 

流石はアンパンマン。

 

 

トイレはちゃんと子供用の便座が用意されている。

 

うーた
でちゃったー

 

.......

ぬおぉぉ.....

 

 

間一髪。ギリギリアウト。

 

もう日本語が正しいとかどうでもいい。

 

やっぱり外出時のノーオムツは難易度が高いなぁ。

 

でも自分だってこんな事ぐらい予想してるさ。

 

ちゃんと着替え持って来たもんね。

 

で一応オムツも保険としてもってきた。

 

ここでオムツに戻すのも忍びないが

着替えは1セットしか持って来なかった。

 

ここはオムツを使おう。

 

うーた
うーちゃんおねーたんだからぱんつがいいー

 

わかっている。

 

しかしまだ今回デビュー戦だ。

 

まだガンガンいこうぜは早いぜうーた。

 

いのちだいじに。な。

 

やましー
オムツ履いてもオムツにしなきゃいいんだよ
やましー
おしっこしたくなったらいってね?

 

うーた
あーい

 

アンパンマン効果で機嫌がいいのかこちらの提案をすんなり受け入れてくれる。

 

いい子だ。

 

スッキリ。

 

 

上は汚れてないので

しただけ交換。

 

わいわいパーク

続いては時間によってイベントを行うわいわいパーク

丁度立ち寄った時間にワークショップが行われようとしていた。

 

 

3歳児でも問題なく楽しめるという事でこちらにも参加してみる。

 

席につくと名前シールとペンが。

 

 

名前を書いて貼ってもらう。

 

 

 

始まるまでスタッフが遊んでくれるらしい。

 

連れて行かれる。

 

 

ケン

 

ケン

 

 

ケン

 

 

ケン

 

 

パ!

 

 

どや

 

 

このぐらい出来て当然よっと言わんばかりの立ち振る舞い。

 

 

そしてトンネルに吸い込まれてゆく。

 

 

スタッフのお姉さんが人間版猫じゃらしを使い幼児たちを興奮させている。

 

 

なぜカメラ目線。

 

 

人間版猫じゃらしに弄ばれるうーた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れたみたい。

 

 

 

やっとワークショップが始まる。

お姉さん達がいきなり踊る。

 

 

体を動かす何か......なのかと思いきや........

 

 

 

旗を作るようです。

 

 

踊り必要なの?

 

両面テープを使いストローをくっつけて表面のアンパンの目と口をペンで書く。

 

 

なるほど、これなら確かに3歳児でも作れる。

作りはじめるうーた。

 

 

ちょストローその位置はあかん。

 

 

やましー
上下逆さまになっちゃうよ。

 

うーた
いいのー

 

やましー
はい。

 

パパフラッグ

 

 

 

うーたフラッグ

 

 

予想通りに上下逆。

 

最後にアンパンマンの目と口を描き込む。

 

 

まずは目

 

 

いい調子。

 

眉毛。

 

 

繋がってる。

バカボンのパパみたいだね。

 

口。

 

 

完成。

 

 

うん。お酒を飲んだらこうなりそうなアンパンマンだね。

ある意味大人ぢゃん。

 

 

ちなみ自分の作品。

 

 

そこはかとなく昭和の香りを少し漂わせるのが自分流。

 

口のキテレツ大百科的なタッチが特徴です。

 

 

反対、持ち手が短いフラッグを

懸命にふるうーた。

 

 

こちらも楽しめた様子でよかった。

 

わいわいパーク うたのステージ

ワークショップ後、パン工場にてまたショーが行われていた。

 

先程は途中からだったので

最初から見てみる。

 

二度目だけれどやっぱり全身全霊でアンパンマンを応援するうーた。

 

その後わいわいパークにて

今度は歌のステージが行われるので向かう。

 

お姉さんとアンパンマンが歌うステージらしい。

 

しかし....

このブログのお出かけ記事を

いつも読んで頂いていて察しのいい方は

この後の展開が予想出来るかもしれない。

 

 

歌のお姉さん登場。

 

 

そう.....

 

 

毎回恒例のお昼寝。(夕方だけど)

 

 

 

 

 

天を仰いで寝ている。

 

 

アンパンマンが登場するも

 

 

 

スヤァ....

 

 

 

お姉さんが踊っても.....

 

 

 

スヤァ......

 

 

アンパンマンが踊っても.....

 

 

 

スヤァ.....

 

 

 

安定の寝落ちで幕を引く

新しくなったアンパンマンこどもミュージアムでの出来事。ちゃんちゃん。

まとめ

はい。

という事で久しぶりのお出かけにアンパンマンミュージアムに出かけたお話でした。

 

今回はほぼ有料エリアで遊んでいた訳なんですが

正直な感想としては

大満足でした!

 

確かに大人も子供も2200円はたっかいなーと思ったのですが

移転前と比べてかなり子供の遊ぶ所(遊具)が増えたなーという印象でした。

 

そして無料の一階の広場でもショーが行われているのですがそちらは見ていなくて

なんとも言えないのですが

移転前のショーは有料エリアに移ってしまったのかなと思います。

なのでより有料エリアに行けなければ楽しめないのではないかな?という感想です。

 

料金は上がってはいますがかなりの時間お子様は楽しめるのではないかなと思います。

 

そして以前、娘とアンパンマンこどもミュージアムに行ってから約一年半経つのですが

成長感じますね。

 

オムツじゃなくなってハラハラしたり 笑

 

何より感じたのは

もうベビーカーいらないんだなっ....て事です。

 

一緒に歩いても以前のようにゆっくりゆっくりではなく

手を繋がなくても

自分の歩幅に合わせてそれなりのスピードで歩いているんです。

 

こんなスピードで一緒に歩くことは以前は普通のことじゃなかったなぁ....と。

 

最後はアンパンマンに関係ない娘の成長に気付いたところで

このお話を終わりにしたいと思います。

 

それではこの辺で

しーゆー。

この記事にて初めて当ブログにいらっしゃった方へ

はじめましてはこちら

336

336B

各snsでブログの更新をお伝えしております

フォローして頂き

シェア、リツイートして頂けると嬉しいです。

Facebook

Twitter

Instagram

マリッシュ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やましー

やましー

娘が生後11ヶ月の頃ひとり親になった美容師です。 シングルの気持ち、体験、育児、日々の生活や 本職の美容師の経験からヘアに関する役に立ちそうな情報など色々発信して記事にしていきたいと思っています。

-体験談

Copyright© Yamashi-blog , 2019 All Rights Reserved.