体験談

よしお兄さんに逢いたくて 川崎ハッピーママフェスタへ行った話

投稿日:

やましー
おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。

 

 

 

休日。

 

行こうかどうしようか悩んだ

ハッピーママフェスタよしお兄さんに会いに。

 

 

行こうか悩んだのはイベントの名前が「ママ」ってつくから

 

なんか......パパだけじゃ行っちゃいけないの.....的な

捻くれた思考に陥ったからである。

 

パパ、ママ表記ってひとり親になってから

妙に気になってしまう......

 

母の日とか父の日とかもね....

 

まぁ気にしなきゃいいだけの話だけれど

 

 

それよりも

「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんを14年間務めた

よしお兄さんが近くで見られることの方が断然興味深い。

 

軽く悩んだけれどパパママの括りなんかよりも

よしお兄さんに会いたい。

 

今回はその体験を記事にしようと思います。

 

 

ハッピーママフェスタ

3年前から始まったイベントで

年々来場者もかなり増えているらしい。

 

確かにひとひとひと.......

 

 

 

三年前か。

 

丁度うーたが生まれて

半年ぐらいの時期に始まったイベントなんだなぁ。

 

 

 

 

開催されるラチッタデッラ

(言いにくい)

通称チッタまたはチネチッタ

自分が現在勤めるヘアサロンレジーナと目と鼻の先にある。

 

三年前、仕事中お昼を買いに店に外に出ると開催されていた。

 

うーたが生まれてなければ

特に興味も関心も起きなかったんだと思うけど

 

 

生まれて半年の時期だったので

こんなイベントあるんだなと

結構記憶に残っていた。

 

 

そうか....あれから三年か.....

自分も色々あったなぁ....

なんて思いも込み上げつつイベントを散策。

 

 

とは言っても

人の数が多くて

あまりよくは見れていない。

 

 

基本的には

子育て世代にコミットした企業のPRのブースがメインという印象を受けた。

 

んー.....正直楽しいイベントではないかな.....

 

あ。いや。すみません。個人的な感想.....

 

うーたは基本的にどこに連れて行っても楽しそうにしているから

親としてはありがたい。

 

 

ガラガラをやって

輪投げさせてもらって

お菓子をもらえて喜んでいた。

 

ミニオンと写真とったり

 

親子エクササイズのバランスボールでひたすらに弾んでいたり

 

 

 

可愛いなぁもう。

 

 

そんな姿を間近で見ていて

いつまでもその無垢な、無邪気なままでいて欲しいと思うと

少し胸が切なくなってしまう

センチメンタルなあと5ヶ月で40歳になるおじさん。

 

 

その後も特に興味が湧くものがなく

 

職場が近いので

前髪を整える為に少し立ち寄った。

 

もし髪の毛でお困りであればご予約はこちらからっ!

 

いつもは主に自宅でカットするのだけれど

いちいちハサミを持ち帰らなちゃいけないし

前髪のみカットでもそれなりに髪の毛が散らばってしまい

鬱陶しさがある

なら近くまで来てるので職場でカットした方が都合がいい。

 

 

 

ちょっと前までは

ヘアサロンの中に入るの嫌がって泣いていたりしていたが

今はニコニコでカット椅子に座ってくれる。

 

 

 

結構このぐらいの歳の子供は

ハサミや雰囲気を怖がって泣いたりして

カットさせてくれない子も多いが

 

 

 

その点、流石は美容師の娘

最近は素直にカットさせてくれる。

 

 

パパが髪の毛切る人という認識し始めているのかなぁ....。

 

 

今年七五三の写真を取るつもりなのだけど

それが終わったら前髪以外の生まれてから

一度も切っていない髪を切ろうと思っていて

密か楽しみにしている。

 

 

 

なんて事を思いながら前髪を整え終わると

 

お目当てのよしお兄さんのトーク&体操ライブまであと1時間の時間になっていた。

 

よしお兄さんライブに備えて場所確保

 

ライブ場所はこの噴水広場。

 

ラッチッタデッラのイベントではよくライブ会場として使われる事も多いと思う。

 

 

自分は近くで何かイベントをしているなーと思いつつも

大体は仕事しているので

ちゃんと来場者としてイベントに参加するのは

今回が実は初めてなのだ。

 

 

 

そこまで広い場所ではないので

絶対に混雑すると思い早めに

見やすい場所を取りに行かねばと思った。

 

 

昔だったらそんな体操のお兄さんが来るという事に

混雑するなんて思っていなかっただろう。

 

 

しかし今ではこのイベントに来ている全て人々が

よしお兄さんを目当てに来ているんじゃないかと思うほどだ。

 

 

うーたが産まれて間も無くは

「おかあさんといっしょ」

見ていなかったが

 

ひとり親になってからは必ずニュースではなく

Eテレを見るようになった。

 

 

そんな時期に歌のお兄さんの

ダイスケお兄さんが交代するという事だった。

 

 

周りの友達はその交代をものすごく悲しんでいた。

 

 

当時の自分は

 

何でそんなにショック受けてんのウケるw

 

てな思いだった。

 

 

 

それから約2年程月日が経ち

朝のルーティーンとしておかあさんといっしょ

見ていた。

 

 

うーたが機嫌よく踊る時も

イヤイヤ爆発でどうしようない時も

いつも見ていた。

 

 

 

大袈裟に言えば

おかあさんといっしょのメンバーと

一緒に子育てをしているような感覚

いやでも親近感が湧いてくる。

 

 

 

そんな中2019年の3月を持って

体操のお兄さん小林よしひささん

通称よしお兄さんは卒業した。

 

 

 

その事実を知った時

胸にぽっかり穴が空いたような感覚と

以前友人達が言っていた

だいすけロスはこのような感覚だったのかと

身を以て知った。

 

 

 

ウケる.....

 

 

なんて言ってごめんなさい!!

 

 

 

今ならわかる

 

 

 

 

 

 

さみしーーよねーーーー!!!!!!泣

 

 

 

 

 

それから4月には新しい体操のお兄さんお姉さんがテレビに映っていたが

なんだかしっくりこない.....

 

 

 

番組の最後に歌っていたブンバボーンがもう流れてこない.....

 

 

 

きっと自分と同じ様に思って

このパッピーママフェスタに足を運んでいる方が

沢山いるのではないかと思った。

 

 

 

案の定噴水広場には座る場所はなかった。

 

 

 

しかしうーたが一人座れるスペースはあり

自分は立っての鑑賞にはなるが

とても見やすい場所を確保できた。

 

 

 

よしお兄さんの出番まで約1時間前の

よしもとモノマネ芸人のトークライブも満席。

 

 

そのライブが終わっても観客は席を離れない

その後川崎の市長とラチッタデッラの社長さんが対談。

 

 

正直あんまり......

興味はないトークショーだと思うけれど(失礼)

 

 

更に観客が増えていて

川崎市長も

「よしお兄さん目当てでこんなにお客さんがいるんでしょう?」

という皮肉な言葉に観客が笑っていたほど 笑

 

 

 

更に人が増え

身動きが取れないほど.....

 

この状況が辛くなったのか

うーたがぐずりだす。

 

 

うーた
あっちいきたーい

 

 

 

 

そして観客と観客の間が狭いにも関わらず暴れ始める

 

 

やましー
(うわぁ参ったなぁ)

 

 

うーたが喜んでくれると思って見に来たのに

こんなに嫌がってるならやめようかな....

と思っても

 

 

身動きが取れずこの場を離れるのにも容易ではない。

 

 

そしてうーたに見せたいと思っていた自分は

この場を離れようという考え始めた時に

 

 

 

 

 

あ。自分が観たいんだ。

 

 

 

 

 

 

という事に気付いた。

 

 

ぐずるうーたには申し訳ないが

もし始まっても同じ調子で泣いていたらこの場を離れようと決めた。

 

よしお兄さん登場

観客の子供達の大きい

 

よしおにーさーん

 

の声で

いよいよ

よしお兄さんが登場。

 

 

すごい盛り上がりぶり。

 

 

ちなみに

カメラでの撮影は禁止で

想い出に残しておきたかったけど残念。

 

 

 

 

自分は

わぁ。

(・∀・)

本物だー。

 

 

と至極安直な感想で感動していた。

 

 

クズっていたうーたは

ピタッと泣き止んで

よしお兄さんを真っ直ぐ見つめている。

 

 

やっぱりすごいなぁ。

 

 

他の子供もみんな食い入る様に観ている。

 

よしお兄さんトーク

そしてトークへ。

 

司会者 タケトさん
ハッピーママフェスタ

本日参加されてみていかがですか?

 

よしお兄さん
いやぁもう人が多いなと思いましたけれども

やはりみなさん家族連れでニコニコ楽しそうだなぁと

 

 

司会者 タケトさん

さぁ先ずは

よしお兄さんが体操のお兄さんに

何故なったのか?

きっかけを教えていただきたいですね

 

 

よしお兄さん
何故なったのか?

 

よしお兄さん
たまたま〜ですね

 

 

会場 笑

 

 

 

司会者 タケトさん
え?たまたまでなれます?笑

 

よしお兄さん
逆にいうとたまたまじゃないとなれないという事ですよねー

 

司会者 タケトさん
ちょっとわからない笑

 

よしお兄さん
私14年間やっていた訳なんですけど
よしお兄さん
世の中にはその瞬間体操のお兄さんって一人しかいないんですよね
よしお兄さん
なのでもし14年間、他の人がなりたいなーと思ってもその間はなれないんです

 

司会者 タケトさん
そっか!
司会者 タケトさん
その間、他の方はなりたくてもなれないから

偶然丁度その変わり目じゃないとなれないんですね

 

よしお兄さん
丁度その変わり目に
よしお兄さん
自分の年齢だったりだとか
よしお兄さん
意欲とかバチっとハマらないと体操のお兄さんにはなれないという事なんですよね

 

司会者 タケトさん
先ほどたまたまという言葉に笑ってしまいましたが全然間違えではなかったんですね!

 

よしお兄さん
そうなんですよ

 

 

司会者 タケトさん
なるほどー!それではお次に先ほど14年間務められたというお話が出ましたが
司会者 タケトさん
ここまで長く続ける事は予想されていましたか?

 

よしお兄さん
全く思ってなかったですね
よしお兄さん
オーデションに受かりまして体操のお兄さんになったって瞬間に
よしお兄さん
卒業したらどうしようと考えてたぐらいですからね

 

司会者 タケトさん
なるほど
司会者 タケトさん
ではその14年間で思い出に残っている事などございますか?

 

よしお兄さん
いやぁーいっぱいあるんですけど

 

よしお兄さん

今だに一番最初の収録なんてのは記憶に残っていて

緊張したーってのもあるんですけど

 

 

 

よしお兄さん

もう本当に私の事は知らないし

当時は体操も新しくなったので

 

 

 

よしお兄さん

その体操も知らないという状態できてくれた

お子さん達お友達が一緒に

仲良く遊んでくれたなーという事が

嬉しくて今でも鮮明に覚えていますね

 

司会者 タケトさん
すぐお友達になってくれたという事なんですね
司会者 タケトさん
では今日も会場にいる皆様にお友達になって帰っていただきたいですね

 

よしお兄さん
そうですね

 

 

司会者 タケトさん

それから最近バラエティもよくご出演されていますが

司会者 タケトさん
どうですか?違い感じます?

 

よしお兄さん
物凄く違いますね!

 

司会者 タケトさん
全然違いますか?

 

よしお兄さん
全然違います

 

よしお兄さん
基本お子様としか対話しないものが大人ばっかりなので.....

 

司会者 タケトさん
しかし、よしおにいさんの体操のお兄さんとは違う一面が皆さんテレビで楽しんでいただけますね

 

よしお兄さん
そう見守っていただけると嬉しく思います

 

司会者 タケトさん
では最後に令和という新元号を迎えましたが今の目標などございますか?

 

 

よしお兄さん

そうですね。卒業していろんな挑戦させていただいてますが

やはりこうやってみなさんの前に出ていろんな体操などで触れ合っていける様に

これからも頑張っていきたいなと思っております

 

 

ここでトークは終了。

 

このトークで自分で一番印象に残ったのは

体操のお兄さんになれるのはたまたまだという事

 

確かになりたいと思っても慣れないし

いくら努力したとしてもチャンスがあった時の

年齢いくつになっているかわからない。

 

全てのタイミングが合わなければなれない本当に特別な職業なんだなと。

 

そして14年も継続していた事という事は

今の中学生と小学生、園児もよしおにいさんの存在を知っているという事になる。

 

園児も小学生も中学生も知っているってすごい事だと思った。

 

体操ライブ

トークが終わった後は

 

毎朝テレビで見ていた体操が目の前で始まる。

 

やっていた体操は

 

くるくるくるっ

おべんとうばこのうた

パンダうさぎコアラ

おおきなくりの木のしたで

ひげじいさん

バスにのって

 

子供達も親もニコニコ。

 

2、3、4、5は4つの歌をごちゃ混ぜにして

緩急をつけた表現で

子供達も大喜び。

 

こんなにも子供の心を掴めるんだと感動した。

 

 

そして最後は

 

もう朝の時間には流れなくなってしまった

 

 

 

ブンバボーン

 

 

 

 

自分の人生でおかあさんといっしょの体操を聴いて

 

全身鳥肌が立つ日が来るなんて

 

予想もできなかった。

 

テレビで見ているとそんなに感じないけれど

 

動きがキッレキレ。

 

こんなに動きが激しいんだと思い

 

とても迫力を感じた。

 

そして

よしお兄さんの子供を惹きつける求心力もすごいけれど

 

それに答えて大きく声をだす元気一杯の子供達。

 

大人の盛り上がりとは明らかに違う子供達のパワー

改めてすごいなぁと感じたところで

ライブは終了した。

 

まとめ

きっとこの記事は子供持つ以前の自分が見たら

え...何書いてあるのかちょっとよくわからないw状態だと思います。

 

何が楽しいのかわからないし

そもそも朝eテレ見ないよって感じですよね。

 

 

多分ひとり親にならなければ

もしかしたら

体操のおにいさんの名前すら知らなかったかもしれません。

 

しかし自分が中心の子育てに変わってからは

 

昔は見ながら手を振るぐらいしかできなかったのに

 

今では立って見よう見まねでそれなりに踊っていたり

 

という子供の成長を番組を通して感じ。

 

クズってどうしようもない時

 

体操を見たり歌を聴いたりする事で

 

機嫌が良くなったり

 

おかあさんといっしょの

メンバーが育児を手伝って応援してくれている様な気持ちになりました。

 

 

 

俳優さんやミュージシャンなどの

有名人のファンになるという感覚とは若干違うかも知れませんし

そもそも自分はあまりそういった有名人に興味を熱狂的に持った事がないのですが

 

子供に見せたいという大前提は勿論

自分が見てみたいと思わさせられる

素敵な存在だなぁと思います。

 

本当、自分がこんな風に思うなんて思った事もなかった笑

 

だって初めて見て聴いた時は

 

変な歌w

 

「たまご!次はさかな!」(さかな!)
「さかな!そしてとかげ!」(とかげ!)
「とかげ!からの ブンバボーン!」

「じゃあ座って~。たまごを作りますよ」
たまごがひとつ たまごがふたつ
ぱんだのお目めが つけまつげ!

 

なんだそりゃwってなりますよ

 

でもね

 

毎日聞いてると

 

自然に口ずさんでいて

 

娘ともいっしょに

 

ブンバボンボンボ ブンバボン
ブンバボンボンボ ブンバボーン

 

って歌ってるんですよね。

 

 

 

なーんて思ったところで

 

大好きなよしお兄さんに会いに行ったお話を終わらせていただきます。

とても親子ともに楽しいひと時を過ごせました。

ありがとう!よしお兄さん!

 

それではこの辺で

しーゆー。

この記事にて初めて当ブログにいらっしゃった方へ

はじめましてはこちら

336

336B

各snsでブログの更新をお伝えしております

フォローして頂き

シェア、リツイートして頂けると嬉しいです。

Facebook

Twitter

Instagram

マリッシュ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やましー

やましー

娘が生後11ヶ月の頃ひとり親になった美容師です。 シングルの気持ち、体験、育児、日々の生活や 本職の美容師の経験からヘアに関する役に立ちそうな情報など色々発信して記事にしていきたいと思っています。

-体験談

Copyright© Yamashi-blog , 2019 All Rights Reserved.