自分の離婚。

元嫁が出産した事実

投稿日:

やましー
こんにちは やましーです。

自分の離婚にも書いていたのですが
15,986view
自分の離婚。平穏な暮らしに戻るまで 〜後編〜

の続きです。 11/6更新シングルパパー日の行動 娘との日常へのリンク追加しました   元嫁のsns。 そのクリスマスの一件があってから何人か元嫁と共通の友達から連絡があり。   ...

続きを見る


元嫁は出産していました。

思う事

この事実を知った時予想はしていたのですが

やはり怒りを覚えました。

 

その事実はsnsで知りました。

(共通の友達を通して)

 

そこに書いていたメッセージには

「いやまじ控えめに言って天使。」

 

と書かれていました。

 

そりぁ子供は天使だし

その子に罪は全くありません。

 

産まれた日から計算すると

離婚してたったの3ヶ月で出来た子供。

 

子供を育てる責任から逃げて

自分の自由をとった人間の

この行動。

 

とても理解できるものじゃない。

 

別にその人の人生どうこう言う権利はありませんが

自分を省みる時間がたったの3カ月という期間が

また同じ事を繰り返してしまうんじゃないかと想像してしまいます。

 

もしその子が同じ目に遭っていると自分の耳に入ってきたら

いてもたってもいられないと思います。

 

うーたは自分が精一杯の愛情を持って育てているから

母親が居なくても悲しくないし

可哀想だと思うのやめたけど

この事実は流石にうーたの事思うと辛いです。

 

1歳の誕生日も

2歳の誕生日も

何もありません。

 

生後11ヶ月の頃から一度も

会ってすらいない。

 

うーたは無かった存在にされてしまったと感じてしまいます。

 

今その事についてうーたは記憶はないかもしれないけど。

 

 

正直元嫁に対して思う事は

なんでそんな事が出来るんだって

その一言に尽きます。

友人が代弁してくれた言葉

SNSの事を自分に報告してくれた友人がいます。

 

その方もシングルマザーで元嫁と同い年。

 

しかし子育てに関する考え方、行動は

元嫁とは真逆だなと感じます。

 

しっかり仕事をこなしながら自分の時間を削って毎日必死で育児をしています。

 

年下ですが色々と母親ならではの知識で自分も助けていただきました。

 

元は元嫁の友人だったのですが

偶然かかり付けの小児病院でばったり出会い

離婚の経緯を説明して

その経緯に憤りを感じて

自分に色々と協力をしてくれた方です。

 

 

しかしさすがにこの件に関しては

我慢が出来ず

元嫁からその方もブロックされる覚悟で元嫁の出産投稿にコメントをしてくれました。

 

やばいな。

これ見てる人はみんなうーたは

どこに行ったのって思うんじゃない?

産んだ事なかった事になんてできないからね。

同じ母親としてみてて本当ありえないよ。

浮気して育児放棄してこーなるなとは思っていたけど、本当そのうち痛い目みるよ。

無事産まれてよかったね。でもちょっと罰当たりすぎるよ。行動見直しなよ。

ただの友達ならただおめでとうって思うかもしれないけど、同じ子供を持つ親として本当にないよ!

内情も全部知ってるけど、本当にそれで育てられるの?

不安にさせたいとか嫌がらせさせたいとかじゃなくて冷静に。

子育ては行き当たりばったりのノリじゃできないよ。

自分が失敗してんだからわかんじゃんね。

きっとこう思ってるのはわたし以外にもいると思うよ。

みんながみんな、おめでとうって思ってるわけじゃない事を頭に入れといてね。

それとうーたを見捨てた事も絶対忘れちゃダメだよ。

死ぬまで背負って行ってね。

こんなコメントを残してくれた。

 

自分の気持ちを代弁してくれたこのコメントをみて

元嫁に響いたか響いていないかはわからないが

自分の吐き出したい気持ちが楽になると共に

涙を堪えた。

 

ちなみにこのコメント後

元嫁のSNSのアカウントは消去された。

自分が元嫁に伝えたい事

絶対に同じ事を繰り返さないで欲しい。

自分が感じた

元嫁による(どんな意思を持ってした行動なのかわからないが)

行動を受けて感じた思い。

 

それを今、元嫁の環境の周りにいる人々に同じ思いをさせないで欲しい。

同じ子を持つ親として

辛い時の息抜きは大事だが

子供を育てるという人生において

一番大事な責任から逃げないで欲しい。

 

そんな選択肢を頭の中で思う事もやめていただきたい。

 

そして心の底からその子を愛して欲しい。

 

 

 

あなたが10ヶ月お腹を守り

大変な痛みを伴って

産み出してくれた

 

うーたは

自分が命をかけて育てるから。

 

あなたの分まで愛情を自分は注げるから。

 

そしていつかあなたがうーたに会いたいと願い

命の大事さ。

育児の責任。

そこから逃げずにその子を育てて

うーたもあなたに会いたいと願う時が来たら

全て忘れるわけには行かないけど

笑顔で会いたいと思います。

 

このブログが何十年先になろうとも

あなたの目に留まって

うーたの母親として

その子の母親として

笑顔で会える事を願って。

 

そして自分の人生の中で

一番大事で大切な命を

この世に存在させてくれた事に

感謝を込めて。

336




336




Twitterボタン

Facebookボタン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やましー

やましー

娘が生後11ヶ月の頃ひとり親になった美容師です。 シングルの気持ち、体験、育児、日々の生活や 本職の美容師の経験からヘアに関する役に立ちそうな情報など 色々発信して記事にしていきたいと思っています。

-自分の離婚。

Copyright© Yamashi-blog , 2018 All Rights Reserved.