シングルパパの考え事 自分の離婚。

Yamashi-blog1周年 今『自分の離婚』を読み返して思う事

投稿日:

やましー
おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。

 

10/15。

この日は....

何というか人生で忘れらない日です。

 

このブログを立ち上げて1年目の日。

 

そして2年前のこの日それまでの自分の生き方が

変わったターニングポイントの日。

大袈裟かもしれないけど...

 

 

当ブログの一番はじめのこの記事。

 

殿堂
自分の離婚。人生最悪な1ヶ月の始まり 〜前編〜

やましー おはようございます。こんにちは こんばんは。やましーです。       このブログを始めるにあたってなぜ自分はシングルファザーになったのか、   その ...

続きを見る

 

この出来事が起こった日。

 

決して記念日ではないけど

忘れられない日。

 

この日からの出来事を書いた記事を久しぶりに自分で読み返して思った事を

この記事にて書いていこうかと。

 

 

気持ちの整理

人間、時間が経つにつれ記憶が曖昧になり

イメージとして残るのかなと思います。

 

そうして辛い事も忘れて行くのだと思います。

 

離婚当時は

色々と不安定で不安で

限界まで疲れ果て

辛かった。

 

そんな事柄なんて忘れてしまった方が

多分精神的には良いのだと思います。

 

 

でも自分は書いた。

 

 

こんな事書いて何になるんだろうとか

それでもこの当時は

まだこの出来事に対して怒りもあった

何か自分の中で整理する為に書かなきゃダメなんだとか。

 

色々な葛藤があったと思います。

自分は良い夫だったのだろうか?

現在この出来事に対して

2年という月日が流れ。

 

娘との日々の中、様々な経験を経て

自分の中で怒りと言う感情は

全くと言っていいほどなくなりました。

 

 

そこで冷静にこの記事を読見返した時に疑問が

出てきました。

 

「自分は良い夫だったのだろうか?」

 

 

という事。

 

当時、自分では良い夫だと思っていました。

 

仕事して

子供の面倒見て

育児、家事を『お手伝い』して

家族を養うには正直少ない給料も自覚し

自分が自由に使うお小遣いも無くて当然だと思っていたし

自分だけの自由に時間を使う事もなく

それなりに頑張ってるじゃないかって。

 

 

でも....

今までの2年間、子供を一人で育児するようになってから

その日々を経験してきた今は

良い夫だとは言えないな....と。

 

 

男性の役割、女性の役割を分けて考えていたんだなと思います。

 

それが普通の事なのかもしれません。

 

しかしこの2年の経験で

夫婦で役割を分けて考えてる事は自分の中では違うんだと思います。

 

最初から最後まで子供の事、家の事を全部を出来なかった。

 

結局はほとんどの事柄を元配偶に任せていたんだなぁと。

 

お互い始めての育児

自分は経済的な部分を多く担っているんだからこのぐらい出来れば上出来だろうという考えが無意識のうちにあったんです。

 

そして自分だけが自由な時間を取れないなどと考えていた

元配偶者の自由な時間なんてもっとなかったのに。

 

さらに多くの事柄を『お手伝い』と言う意識を持っていました。

 

お手伝い.....

 

本来なら二人が主になって行ってゆく事柄を

自分は主ではなくサブ、

アシスタントのような意識を持っていました。

 

その証拠にいざ一人になった時に

右も左もわからない状態。

 

何が何処にあるんだとか

保育園の事

料理

他にも知らない事だらけでした。

 

そして自分の時間なんてなかった。

 

 

きっと元配偶者は一人で不安と戦いながら

日々を過ごしていたんだろうなぁと。

 

缶詰だと思ったら腐ってた

仕事で長年担当しているお客様との会話をして思った事がありました。

 

そのお客様はシングルマザーでお子様を育てて上げて大学まで出した後に

特に再婚に対して望んでなかったらしいのですが

ご縁があって再婚されました。

 

その再婚相手の方に求めたものは自分を裏切らない事だったそうです。

 

しかし他人が聞いたらそこまで大した理由ではない事で

裏切りを感じたそうで

そのお客様が言った言葉。

 

「長く持つ缶詰だと思って買ったら

蓋を開けたら腐ってたようなもの」

 

「腐ってたとわかったら必要がない」

 

再婚を決めた理由が裏切らないと言う事

どんなに些細な事柄だったとしても

自分が求めたものと違ったら

シャットダウンしてしまう。

 

その話を聞いて

訳もわからず一方的に別れを切り出された自分のあの状況と似てるなと思いました。

 

訳も分からずその訳が知りたくて

でも分からなくて

理不尽だとしか思えず

ただただ怒りや悲しみに変えていたあの頃の自分。

 

 

でもそれは

日々の生活でずれていき

元配偶者が自分に求めていた物がなくなってしまったんじゃないか。

 

その時点に陥るまで

気付かなかったんだなと

自分が今のような考え方が出来て

それに伴った行動をしていたら

何か変わっていたのかとか

そんな事を思わされました。

 

経験してみなければわからなかった

仕事も育児も家事も

一人でやらなければならない状況に陥って

はじめて相手がどんな思いをして過ごしていたんだろうという事を解りました。

 

いや....

解ってはいないですね....

 

想像が出来るようになったんだと思います。

 

 

元配偶者の行動は

人として有り得ないと思っています。

 

けれどその行動を起こさせたのは

自分のそれまでの生活や考え方も1つの原因になっているのだろうなと

それ以前に原因の一つが自分にあると言う事に気付きもしていなかったんだと思います。

 

自分は今のこの状況になるまで

こんな考え方をする事が出来なかった

ダメな人間です。

 

本来なら

縁あって結ばれ

子供をさずかり

夫婦で困難を乗り切るもの.

 

 

しかしその当時の自分は努力していなかったんだと

努力しているつもりでしかなかったんだなと

今の生活の経験を経て強く思っています。

成長、選択した生き方

不甲斐ない事に

自分は離婚しました。

 

しかしながら今は離婚という経験が

不甲斐ない自分を成長させてくれたと思います。

 

自分の弱さと向き合えたし

 

周りとの繋がりの大切さ

 

なんて事のない日常が誰かの努力の上に成り立っているんだと言う事。

 

家族の大切さ。

 

そんな事に気付かされました。

 

そして今

理不尽だと怒りの感情しか持てなかった当時と変わって

自分の生活に対する考え方の落ち度も原因の一つと

冷静に反省できるようになりました。

 

当時、元配偶者に一方的に別れを求られ

その状況に流されて離婚を余儀無くされた。

 

しかし

その後

色々な選択があり

様々な決断をしてきた。

 

最初のうちは

怒りや悲しみから

悲劇のヒロインならぬヒーローを気取っていたかもしれません

 

それでも

 

これから先の娘との生活のため

 

自分で選択、決断をしてきた。

 

 

自分の意思ではない流れでの離婚にはなりましたが

 

シングルファザーになったという事は

自分で選んだ生き方なんだと思います。

 

まとめ

当時の思いを時間を経て

思い返し

このブログが1周年を迎えた今

思う事を記事にしました。

 

自分の離婚は

その時の感情でなければ文章にする事が出来なかったと思います。

 

これから先

他の記事も後で見返すと

何か違う。

こんなこと書いてて恥ずかしいなぁ。

 

なんて自分で思っても

その時の感情でしか書けない記事を書いていこうと思います。

 

怒りも

 

悲しみも

 

楽しさも

 

その時の気持ちを残しておきたい。

 

あの時そんな感情だったんだとか

こんな行動していた自分が

 

これから先の自分を作って行くと思うので。

 

離婚という事柄において

冷静に自分を客観的に見れるまで2年という時間がかかりました。

 

早いのか遅いのかはわからないですが

 

あの頃の気持ちが残っている記事と経験を糧に

 

これからの人生に活かしていこうと思います。

 

そして自分は選択した先に自分なりの考え方で幸せを見出せたけど

 

娘は幼く選択することが出来なかった

 

選択する事なく自分の側にいてくれる娘に

 

父親として

理解者として

世界で一番、唯一無二の味方として

 

幸せだと感じてもらえるよう

 

日々を大切に

 

生きていこうと思います。

 

 

 

10月15日。

 

悲しい気持ちにもなるけど

娘と自分のブログという

記録の始まりの日。

 

これからこの日は何の記念日ではないけれど

今までを振り返る

大事な日にして行きたい。

 

ここまで読んでいただき

長々と自分の独り言にお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

そしていつも読んで下さってありがとうございます。

 

読んでくれている方の暖かいコメント等に励まされ

 

一年間継続できました。

 

これからもくだらないどうしようもない記事を書いて行くと思います。

 

どうか暖かく見守っていただけると嬉しいです。

 

それではこの辺で

 

しーゆー。

この記事にて初めて当ブログにいらっしゃった方へ

はじめましてはこちら

336

336B

各snsでブログの更新をお伝えしております

フォローして頂けると嬉しいです。

Twitter

Facebook

Instagram

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やましー

やましー

娘が生後11ヶ月の頃ひとり親になった美容師です。 シングルの気持ち、体験、育児、日々の生活や 本職の美容師の経験からヘアに関する役に立ちそうな情報など 色々発信して記事にしていきたいと思っています。

-シングルパパの考え事, 自分の離婚。

Copyright© Yamashi-blog , 2018 All Rights Reserved.