体験談

娘と行く 初めてのサンリオピューロランド

投稿日:

やましー
おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。

 

娘の3歳児うーたは

最近色々なキャラクターを認識するようになりました。

 

定番のアンパンに始まり

ミッキー、ミニー

機関車トーマスなんかも知らない内に認識していました。

 

 

そしてついに女の子が大好きなこちら。

 

 

 

 

そうキティちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

これは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行くしかないですな!!

 

いざ!サンリオピューロランドへ!

 

 

サンリオピューロランドと自分

サンリオピューロランドって

自分の中でかなり特殊な場所というか…

行った経験が今まで無い。

 

ディズニー同様

まず男の人同士では行かないよね…

(めっちゃサンリオ好きは別として)

 

 

カップルでデート…もなんか子供っぽいというか

(めっちゃサンリオ好きは別として)

 

 

ひとりで行ってみる…なんて考えただけで涙が出てしまう。

(めっちゃサンリオ好きは別として)

 

 

そう考えると

選ばれし者達しか行く事を許されない

とても神聖な場所で

とても尊い場所のような

気がしてきた。

 

 

いや…気がしてきたじゃない。

神聖で尊い場所なんだ!

 

 

すごく…行きたい…ですぅ…

行かなきゃ…人生…損してるんじゃ…ないか?

そう....思うようになった。

 

 

そして娘がキティ様の存在を

遂に感知する事が出来るようになった今。

 

自分はサンリオピューロランドに選ばれた人間のなのだ…

 

 

サンリオピューロランドを純粋に楽しめる権利が与えられたのだ。

 

 

 

待ってくださいキティ様!

今電車に乗って

多摩センター駅に急ぎます!

 

多摩センター駅

ホームに降り立つと…

 

駅名の看板にキティ様。

 

 

 

 

 

エレベーターにもキティ様

 

 

 

 

 

改札をでると

キティ様をサンリオオールスターズが囲む

絵画のような天井。

 

 

 

 

 

柱もキティ様。

 

 

多摩センター駅という名ではなく

もういっその事

キティ・ゲートウェイ駅とかにすればいいのに…

ウェイ。ウェーイ。

 

 

 

それだけ多摩センターはキティ様に支配されている。

キティ・ゲートウェイ駅…

失礼、京王多摩センターを出て少し坂になっている道を進み

左に曲がると

 

 

見えてきた…

 

 

 

この先にキティ様がおられる。

 

その前に

 

うーた
おなかすいたーなんかたべるたいな

 

サンリオピューロランドの中のご飯も気になるが

混雑してすぐに食べられないと

 

うーたがスニッカーズのcmの様に

 

何が?

とつぶやく沢尻エリカや

 

 

 

ロッケンロール!

と意味もなく叫ぶ内田裕也や

 

 

音楽番組をドタキャンしてしまうt.A.T.uの如く

 

 

機嫌が悪くなってしまう。

 

 

 

サンリオピューロランド手前には

飲食店がたくさんある。

 

 

マクドナルドでとりあえず腹ごしらえ。

 

いつもの様にハンバーガーをふた口程食べて

 

うーた
もういらにゃい

 

やましー
ちょ…おま…はらへってるんじゃなかったのかよ…

 

いつも通りの外食のやり取りを経て

(チキンナゲットは3個食べた)

 

今度こそ目的地へ。

 

サンリオピューロランド

 

 

 

中に入ると…

 

 

キティ様がおられる…

 

 

 

 

サンリオはキティ様以外はあまり詳しくないので名前は存じあげてないが

なにかいた。

 

 

 

 

それを見たうーた。

 

 

 

 

号泣。

 

 

 

 

 

この調子で今日1日大丈夫なのだろうか…。

 

 

人生初のサンリオピューロランドで

まずどこから見て

歩いたら良いのかわからない。

 

 

最初に戸惑ったのが入場したエントランスが3階だという事。

 

館内はこんな構造になっていた。

 

 

ちなみに1階がいわゆるテーマパークの形になっている。

 

 

4階

構造を理解し上階から見ていこうと思い

まずは4階へ。

 

 

地図はこちら。

 

 

 

 サンリオレインボーワールドレストラン

 

とても混みあっている。

 

先程マクドナルドナルドで食事をしたばかり

今は食べないが

どんな物があるのか興味があったので

メニューを見てみると

 

 

 

美味しいそうじゃないか…

 

 

これは....

 

 

ぐ....

ぐでかわいいぃ…。

 

 

うぅ....

こんな事ならマクドナルドで食べなければよかった。

 

 

 

 

写真を撮って次へ向かう

 

 

 フワモコタウン

 

 

フォトスポットのようだ。

 

ハンドルがお気に入りのうーた。

 

 

でも順番待っている子がいるので

そろそろ出ましょうね。

 

 

後ろには尻尾がついていた。

 

 

やましー
尻尾だよ

 

 

 

 

 

 

うんちじゃねい。

 

 

 

シナモロールドリームカフェ

 

可愛らしいキャラクターを模して作られたスイーツがいただけるようだ。

 

うーた
わーおいちそーこれー
うーた
これたべたいなーこれたべるない?

 

やましー
んーまたくるから後でたべるない?

 

うーた
あい!

 

聞き分けが良い子で助かる。

 

 

その横にソフトクリームをもったお人形を発見。

 

 

 

 

とりあえず抱きつく。

 

 

 

思わず接吻してしまう。

 

 

 

そして

挟まる。

 

 

さぁこんな事で時間を使わないで先に進みましょう!

 

 

1と9の間

地図の1マイメロディショップ9免税カウンターの間に

お家の様なスペースも。

 

3階

再び3階へ

3階はインフォメーションお土産等のショップ

メインのようだ。

 

 

 

ん....

またなんかいた。

 

 

 

 

え?これって……らんまのお父さ…?

 

 

色々事情があかもしれないのであまり触れないほうが良さそうですね....

 

 

 

最初に書き忘れていたが

サンリオピューロランドは

1階と2階はベビーカーでの移動は禁止されている。

 

 

インフォメーションカウンターの横にベビーカーを預かってくれる場所があるので

預けましょう。

2階

2階へ

ゲームコーナー等があり

その先には

 

キキ&ララ トゥインクングツアー

キキララのアトラクションの様です。

 

どんな内容なのか全くわからないまま

とりあえず並ぶ。

 

約30分。

 

前回の夢の国では

 

シングルファザーが子供と行く初めてのディズニーランド 〜混雑していても楽しい〜

やましーおはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。 東京ディズニーランド… それは夢と魔法の国。   そして ある程度の年齢を重ねた男性は行きたくても行けない国。 &nbsp ...

続きを見る

 

まさかのノーアトラクションだったので

今回は1つくらいは体験しておきたい。

 

 

それに待つのは最早、得意技になっている。

 

30分なんてあっという間に感じるぐらい

自分は待てる耐性をもっている。

 

 

 

 

 

辛い…。

 

 

 

 

 

 

ベビーカーを使用できないすなわち…

 

 

うーた
ぱぱあっこ。

 

 

 

そう。

 

この呪文を娘が唱えはじめたら

待ち時間は過酷な筋肉トレーニングと化す。

 

 

はっはやくーーぅ

キキララ様ぁ扉をあけてくださぁぃいい!!!

 

 

なんとか30分抱き抱え扉が開いた。

 

もう腕は乳酸菌がたまりまくっている

乳酸が多くつくられることで乳酸の生成過程で発生する水素イオンの影響により身体が若干酸性に傾くこと、エネルギー源である筋グリコーゲンの蓄えが少なくなることで筋肉が披露している。

 

間違えた疲労だ。披露してどうする。

 

疲労からくる誤字を披露してしまった。

 

 

 

 

 

それとサンリオピューロランドは室内。

外の低い気温に適した服装は

室内では物凄く暑い。

 

特にトレーニングばりの抱っこをしていると

 

真冬に汗だくになってしまう。

 

体温調節がしやすい服装を心掛けていただきたい。

 

 

前置きが長くなったがアトラクションが始まった。

 

植物と星に縁取られた丸いスクリーンに映像が映る。

 

キキララがこの星についた経緯などを写し出されていた。

 

 

ん?これだけ?

なんのアトラクションなんだこれは?

 

 

と思っていたら

スタッフに呪文の様なものを唱えるよう促され

 

 

「トゥインクル・トゥインクル・キラキラスター!」

 

全員で唱えると

ドアが開き

奥へと進める。

 

 

先に進むと

キキとララの生まれ故郷「ゆめ星雲」の世界が体験できる

 

「雲の製造機」はハンドルを回すと雲でできた

どうぶつたちが映像であらわれる

 

 

 

 

 

 

うーたもやってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

チカラが足りない

残念だ。

レベルをあげてからまた挑戦しよう!

 

 

 

 

 

「キキララのお家」

 

 

 

 

 

「月」フォトスポット

 

 

スタッフに

 

スタッフ
お撮りしましょうか?

 

声をかけられるが

 

 

キキララの世界観にこんな可愛らしい月

今年40のおっさんが踏み込んではいけない領域だと

瞬時に本能で悟り

 

やましー
いいですあはは

 

 

 

 

体を動かして雲の動物を集めるデジタルゲー

 

 

子供達が楽しそうにはしゃいでいる。

 

 

うーたは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無。

 

アトラクションも1つ体験したし次は一階に行ってみよう。

 

一階

 

今までのフロアと打って変わって

このフロアがサンリオピューロランドのメインのようだ。

 

アトラクションやショーステージなどがある。

 

 

 

 

エンターテイメントホール ふわふわキッズランド

ひと通り周って行こうと思いたどり着いたのはここ。

 

そこには跳んだり跳ねたりできる

遊具が3つあった。

 

 

 

混雑しているからなのか幼児とて順番待ち。

 

 

うーた人生初の順番待ち

しかも親は一緒に並ぶわけにはいかないので

完全に遠くから見守るしかない。

 

といっても保育スタッフの様な方が見ていてくれるので不安はない。

 

並び始めにいきなり列を無視して

最前列を陣取ろうとしたうーただったが

スタッフの方に注意され列に戻されていた。

 

すごいぞサンリオピューロランド

人としての社会性も学ばせてくれるなんて!

 

 

 

 

 

お利口に順番待ちが出来ることに感動。

 

 

いよいよ中へ

 

 

楽しそう。

 

 

しかし交代制、ずっとは遊んでいられない。

 

気にいった様子だったので

他の2つも周る事に。

 

 

 

2つ目の遊具の

待ち時間の最中、親をおちょくる娘。

 

 

 

たぶんピースしたいのだろうけど.....

 

 

3本指になってしまっている。

 

 

愉快。

 

 

 

 

 

そんななか何かキャラクターが現れた。

 

 

......

写真撮りたい。

 

.......

しかしうーたは飛び跳ねるのに夢中。deひたすら転んでいる。

 

 

 

しょうがない....あきらめよう。

 

 

最後は一番混雑していたキティ様の遊具。

 

待ち時間に慣れ始めて

精一杯歌っていた。

愉快。

 

 

 

 

順番が回ってきたが

少し入り口が高いのか登れない。

 

 

 

お姉さんに助けてもらう。

 

 

助けを借りてやっと登れたうーた。

 

 

 

 

このキティ様の遊具には

飛び跳ねるだけでなく

滑り台もついている。

 

 

 

滑るうーた。

 

 

無表情で滑るうーた。

 

愉快。

 

 

無表情の割には楽しかったらしく

もう一度並び直していた。

 

時間がどんどんなくなってゆく.....

ピューロビレッジへ

このままではふわふわキッズランドで1日終わりそうだったので

再びピューロビレッジへ。

 

 

 

そこでは

 

 

キティ様がスパークルしていた。

 

ハローキティイルミネーション「SPARKLE!!」

ハローキティが贈る、華やかでポップなイルミネーションショーが誕生!
ピューロビレッジに広がるイルミネーションを、キティがリズムにのせて彩ります♪

 

やっと会えたキティ様に
大興奮のうーた。

 

 

楽しそうで何より。

 

 

そしてイルミネーションがすごく綺麗。

 

 

イルミネーションショーも終わり

 

お次は再び二階に登り

キティの幸せの鐘へ

 

キティの幸せの鐘

カップル的な人たちが鳴らす鐘のようだが

とりあえず鳴らしてパシャり。

 

 

キティ様の御利益ありますように。

 

 

そんな中

 

うーた
おなかすいたーおやつー

 

という事で少し休憩。

シナモロールドリームカフェ再び

また4階に戻り

シナモロールドリームカフェへ行く事に

注文したのはこの2つ。

 

 

 

コーヒーか.....食べれるかな?

 

 

っておい…

 

 

 

写真撮る前に食うなよ

 

やはりコーヒーは苦手らしく

自分が頼んだバニラソフトクリームを食べていた。

 

そっちはパパが食べたかったのに.......。

 

Miracle Gift Parade

休憩も終わり再び1階へ

そこでは

サンリオピューロランドのパレードが始まっていた。

 

 

出来る事なら最前列で見たかったが

並んでいる人は1時間前から列を作っていたので諦めた…。

 

うーたが見やすい様に

肩車スタイルで

あぁケロケロケロッピ…懐かしい。

 

サンリオのキャラクターはあまり知らないけれどこれは知っている。

 

 

 

 

 

 

キティ様と彼氏さん登場。

 

 

スパークルの時よりテンションは抑えめの様子。

 

だが

 

 

髪をぐちゃぐちゃにされる。

 

自分の髪の毛なんかどうでもいい。

 

好きにしておくれ。

 

 

それよりパレードだ。

 

サンリオピューロランドのパレードは

ずっと行進しているのではなく

止まってダンスを披露してくれるので

パレードというよりはショーに近い印象を受けた。

 

 

そして

 

「昼間が嫌い」
「光が嫌い」
「笑顔が嫌い」

と言いながら
悪者登場。

 

 

え。悪者もいるんだ。

 

しかもかなり病んでいらっしゃる。

 

 

そんな悪者は倒そうと提案する彼氏のダニエルさんに

キティ様は信じましょうとおっしゃっる。

 

さすがキティ様リア充お優しい。

 

 

そんなキティ様の信じる心を目の当たりにした悪役は

 

 

改心。

 

 

ただのダンスと歌だけのパレードではなく

ストーリーもあるとは

某夢の国とは一味違ったパレードですな。

 

 

さぞうーたもご満悦…

 

 

眠いらしい…

いつもの安定のパターンです。

 

 

ビールが飲める!

パレードも終わり

うーたもお昼寝タイムに突入したので

再び休憩。

 

 

最初に訪れたサンリオレインボーワールドレストランに行く事に

ここではビールも飲める。

 

 

可愛らしいサンリオキャラのカップに注がれる

黒ラベル。

 

情緒が.....ありますな。

 

うーたもお眠中ぼーっとビールを頂いている時

ある1組の家族が

お父さん、お母さん、お子様2人….。

 

すごく険悪な雰囲気…。

 

会話から察するにお父さんが混み具合にイラついていて

それがお母さんにも伝染している感じかな…。

 

確かにこの混雑具合にイライラするのもわかる。

 

しかしせっかくの休日…

きっとお子様はとても楽しみにしていた日かもしれない。

 

両親ともに不機嫌ではお子様も楽しくないだろうな…。

 

自分も配偶者がもし居たとしたら

自分で選択して

ここに来ようと思ったんだろうか?

 

きっと全て任せてしまってたかもしれない

 

そして休日に半ば強制的に連れられ混雑に待たされ

配偶者に怒りの感情を見せてしまっていたかもしれない。

 

こんな時不謹慎だが

自分はひとり親でよかったなぁなんて思う。

 

楽しさを共有する相手はいないけど

逆に怒りをぶつける相手もいない。

 

ひとりで子供をー連れて遊びに行くのは

大変な事もあるけど

自由もある。

 

そして純粋に娘の反応をみて楽しいし

自分が今まで訪れる事がなかった場所にも行ける。

 

 

だからビールを飲みながら

子供を楽しませに遊びに来てるなら

親が楽しまなきゃな

なんて考えた。

 

そして

将来ひとりでも再婚したとしても

子供との楽しい時間を壊す様な事はしたくないななどと

思い

ビールを飲み干した。

 

~マイメロディ&クロミ~マイメロードドライブへ

あれ?

そういえばアトラクションをキキララしか体験していない。

 

正確にはいわゆる乗り物に乗っていない。

 

という事で1つぐらいは体験しなければと思い

~マイメロディ&クロミ~マイメロードドライブへ。

 

乗り物といっても

スピード感のあるものではなく

マイメロディのキャラクター「クロミ」が考案した「エコ・マイメロカー」に乗っ

マイメロディ達が暮らす「マリーランド」をぐるっと一周巡るライドアトラクション。

 

 

これならうーたも楽しめそうだ

 

しかし中々の混雑具合。

 

......待ち時間は60分。

 

 

丁度並び始めて少ししたところに

並ぶ決意をした我ら親子を

 

 

ぐでたまが馬鹿にしてくる。

 

 

 

待っている時間に他のお客様との触れ合いもあったりする。

最初は人を警戒するうーただが

少し時間が経つと懐いてしまう。

 

今回は

 

素敵なお姉さん達と写真を撮るほど仲を深めていた。

 

 

......えっと

彼氏いますか?

 

 

 

そんなこんなで順番が回ってきた。

 

それでは

うーた初のアトラクションの様子を写真でお送りしよう。

 

ショー MEMORY BOYS~想い出を売る店~

パレードも見て乗り物型のアトラクションも体験したが

まだショーを1つも見ていない。

 

そこで時間的に見れたステージがこちら。

 

 

MEMORY BOYS
~想い出を売る店~

個性豊かなMEMORY BOYSが働く「想い出を売る店」では、 誰もが持っている、大切な想い出に触れることができる。

ある日、コンサートを控えたバイオリニストのルバートとその兄ラルゴが店を訪れ、 亡き父と共に演奏していた頃の想い出に触れていった。

しかしコンサートの直前、2人が大切にしているバイオリンが無くなってしまう。 バイオリンの行方を探るMEMORY BOYSは、 過去にも兄弟のバイオリンが壊される事件があったことを知る。

果たしてバイオリンは見つかるのか?過去の事件との関係は? 物語の鍵は、忘れたくない、忘れられない想い出。

本格的なミュージカル

 

時間も40分ほどのなかなか本格的なミュージカル。

 

想い出に触れる場面はとても幻想的で綺麗だった。

 

うーたも大興奮。

 

劇中

何故か

うーたは出演者にガンバレーと叫ぶ

 

何故か

となりの席にいた幼児もがんばれーと叫ぶ

 

二人で応援合戦をしていた。

 

それが面白くて

 

途中は集中できなかった 笑

 

 

 

大人しく最後まで泣きもせず観れていたので

今度一度本格的なミュージカルに連れて行こうかと思ったが

 

 

サンリオにて2回目の御就寝。

 

どうりで静かなわけだ。

 

 

と言う事で

いつも以上に体験した事を

オチもなくダラダラと垂れ流してきた

初めてのサンリオピューロランドの体験談これにて終了。

 

 

 

まとめ

名前と存在は知っていたサンリオピューロランド。

 

こんなところだったんですねー。

 

初めてでどこからどう観ていいかわからず

 

あまりうまく立ち回れませんでしたが

 

感想は

 

楽しかった!

 

 

 

娘の存在が無かったら訪れる機会は

大袈裟ではなく一生なかっただろうなーと思います。

 

どんなものがあるのかどんなショーがあるのか

少し把握できたので

 

次回はショーやアトラクションを全て制覇したいと思います 笑

 

 

同じシングルパパで

サンリオピューロランドの楽しみ方を記事にされているので

載せておきます。

自分のダラダラと体験談だけの当記事は役には立ちませんが

こちらの記事は↓

サンリオピューロランド初心者の方にお役に立つますよぉ!

 

 

それでは2019年初 娘とのデートでしたー。

 

それではこの辺で

しーゆー。

この記事にて初めて当ブログにいらっしゃった方へ

はじめましてはこちら

336

336B

各snsでブログの更新をお伝えしております

フォローして頂き

シェア、リツイートして頂けると嬉しいです。

Facebook

Twitter

Instagram

マリッシュ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やましー

やましー

娘が生後11ヶ月の頃ひとり親になった美容師です。 シングルの気持ち、体験、育児、日々の生活や 本職の美容師の経験からヘアに関する役に立ちそうな情報など色々発信して記事にしていきたいと思っています。

-体験談

Copyright© Yamashi-blog , 2019 All Rights Reserved.