体験談

念願の三鷹ジブリの森美術館に行ってきた

やましー
おはようございます。こんにちは。こんばんは。やましーです。

 

ジブリが好きです。

とっても。

 

子供の頃に天空の城ラピュタを見て

世界観に幼いながらに感動し

大人になって千と千尋の神隠しを見て

特にここが!という明確な理由がなく

なのに全身で感動を覚えて以来

自分の中ではドラクエ、FF、ジブリ

公開したその日にアクションを起こさねばならない

やましー三大義務となりました。

 

しかし行ったことがなかったんです。

 

三鷹にあるジブリの森美術館。

 

今回ひとり親きっかけで知り合った方にお誘いいただき遂に足を踏み入れました。

トトロに会いに行くんだよ

行きたいなぁとは常々思っていたのですが

よし!今日行こう!と思い立っても当日には入れないジブリの森美術館。

 

なかなか計画を立てられない性格の自分は

気持ちはあれど何年も行けずにいました。

 

遂に行けるチャンス。

 

娘にも伝えます。

 

やましー
今日はトトロに会いに行くんだよ!うーちゃん!

 

うーた
えーーーーーー!!!!!

 

うーた
トトロいくーーーー!!!

 

やましー
う・・・ん

 

あまりにもリアクションがあったので戸惑ってしまいました。

 

だって・・・

 

うーたにジブリを見せたことがない・・・・

 

あっ・・・もしかしたら保育園でトトロを見せてもらったのかも知れない。

 

うん。そうだきっとそうだ。

 

と思ってうーたに聞きます。

 

やましー
うーちゃんトトロ知ってるの?

 

うーた
しらにゃい!!

 

 

し・・知らないのにこのテンション・・・・

 

 

まぁ楽しそうにしているからいいか。

 

道中も見知らぬおじいちゃんやおばあちゃんに近づき

 

 

うーた
うーちゃんねぇきょうととろにいくんだよ

 

そう話しています。

見知らぬおじいちゃんやおばあちゃんは

良く聞き取れてない様子ですが

 

そっかぁぱぱとお出掛け嬉しいねぇ

 

あぁ・・・ピースフル休日。

 

しかし我が娘は他人とグイグイ距離を詰める。

あまりにも人懐っこ過ぎるのもそれはそれで心配だなぁ。

ジブリの森美術館に到着

目的地へ到着。

 

 

おお....屋上に巨人兵が見える.....

 

 

 

 

あぁ....ジブリらしさが半端ない。

 

 

しかし......

残念ながら館内は写真NG。

 

いつものように写真を交えてお伝えする手法が使えません。

自分のレベルの低い文章力のみの表現となります。

ここでお帰りになられるのも良いかもしれません。

 

そして今回は隅から隅まで舐め回すように館内を見学する事が出来なかったので

印象に残った部分を書いて行きます。

立体ゾートロープ

まずは入り口から入ってすぐに展示してある

ゾートロープ。

 

「回転のぞき絵」と呼ばれる

走馬灯とパラパラ漫画を合わせたような仕組みで隙間から覗くと絵が動いて見える器具。

 

ってこれ文章で説明するの難しいのでYouTube参照。

 

そんなアニメーションの原理的な物を多数展示していました。

 

で、これは平面なんですが立体のゾートロープもあって

立体のフィギュアのトトロがぴょんぴょん動く物もありました。

 

パラパラマンガの様に少しずつポーズの違うフィギュアが何体も置かれていて回転し

平面のゾートロープとは違い隙間から覗き見る代わりにストロボを発光

瞬間瞬間を観ることで動いているように見えるわけです。

 

って文章だけでわからないと思うのです知りたかったらローソンでチケット買いに行きましょう!

あぁぁ・・・写真撮りたい・・・

 

ネコバス

ゾートロープが展示してある場所の近くにある螺旋階段(子供は螺旋階段好きですよねぇ)

を登った先になにやらちびっこ達が群がっていました。

 

見てみるとネコバスがいました。

 

ここは子供のみが遊べる遊具コーナーと言ったところでしょうか?

勿論写真は撮れません。(くぅぅ・・・)

 

そして混雑しているのか10人ぐらい1組で約10分くらいかな?時間で交代する形になっていました。

 

トトロもネコバスも知らないくせに

 

うーた
あれあそびたいー

 

目をキラキラさせて訴えてきます。

 

やましー
わかるよ......

 

だって..........

 

パパもめっちゃネコバスで遊びたいもん。

 

なんで大人はダメなんだ・・・

遊びたかったなぁ・・・

 

 

待つ事20分うーたのグループに順番が回ってきました。

 

もうテンションマックスです。

 

ネコバスの中にはまっくろくろすけが大量に置かれ

ネコバスの屋根にも登ってもいい

なんとも自由空間です。

 

ただしまっくろくろすけを投げてはいけないのと

ネコバスの屋根から飛び降りてはいけない(降りる時は滑り台の様に滑っておりる)

ルールはあるようです。

 

ちゃんと説明を聞いていたのか

まっくろくろすけを手に取り投げようとする素振りを見せた後地面に置いて

 

うーた
ころころー

 

と転がしていました。

 

かわいいっ!お利口さん!

 

更に観察していると

子供達の不思議な習性に気づきました。

 

うーたの前のグループは

ネコバスの中に敷き詰められている

まっくろくろすけを

ひたすら使命かの如くネコバス外に出している。

 

そしてネコバスの近くにある窪みに集められていくまっくろくろすけ。

 

グループが入れ替わると

今度はくぼみからネコバス内に一心不乱に

まっくろくろすけを戻す。

 

きっとまっくろくろすけは1日で窪みとネコバスを何度も何度も往復しているのだろう。

 

あの窪みはそんなことを見越して造られた物なのだろうか......

 

子供が夢中になるものを作れる大人ってほんとすごいな.....

 

 

まぁいいや.....

 

そんなことより......

 

 

 

 

可愛くて可愛くてしかない娘の遊んでる姿の

写真を撮れないなんてもう地獄ですよ・・・?

(ジブリさん!ここは撮影オッケーにしてください!思い出をください!うわぁぁぁぁ!)

巨人兵

ネコバスでの遊びが終わりベランダに出るとまた螺旋階段が

これは屋上に続いている階段だと思いその先にはやつ(見出しに書いちゃってますが)がいるはず。

 

 

いた・・・・巨人兵。

おぉぉぉ・・・・感動・・・・。

遂に生で見れた・・・・。

 

館内は撮影NGだけど

屋外は撮影OKとの事。

 

あまり人に写真を撮られるのは苦手なんだけれど

ここはそんな事言ってられない・・・

 

巨人兵様と記念写真を撮って置かなければ

絶対にこの先の人生後悔する・・・・

 

 

 

 

なので撮ってもらった。

 

〜巨人兵と父と娘〜 いざ二人で引きの写真を撮ってもらうと強張って微妙な表情になるふたり

 

 

 

屋上には他に.....

 

 

井戸の中に住んでいるメダカの為にお掃除している

ジブリの森美術館スタッフ。

それをじっと見つめるうーた。

 

お仕事の邪魔でしかないから早くこっちに来なさい。

 

 

言う事聞かないと........

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルスされちゃうよ。

 

映画[毛虫のボロ]

なんとジブリの森美術館でしか見れないショートムービーが観れるらしい。

 

この美術館の入館料は1000円。

 

それでショートムービー付き。

 

めっちゃお得じゃないですかぁ。

 

 

入場券がフィルムの様になっていて1枚1枚絵が違うらしい。

 

映画館も約80人入れる本格的な劇場でこの日は

毛虫のボロという14分程度の映画。

 

内容は生まれたばかりの毛虫ボロが初めて見る

虫の世界。

 

セリフは何もありません。

 

タモリさんがひたすら虫の動きに合わせてうぅ・・・とか羽音を声で表現しています。

 

久しぶりに短いけれどジブリ観たなーって感想。

 

虫たちの動きがリアルで人間の目では捉えられない水分とか空気とか

なんとも言えないジブリらしい表現。

 

それでいて愛らしい。

 

ショートムービーという短い時間でも上映中はもちろん暗くなって

うーたは泣いちゃうかなー?と思い横顔を確認すると

しっかりと映像を見ながら笑っていた。

風の谷ビール

映画を観終わったあとカフェに。

 

しかし混雑していて中に入るには少し待ち時間。

 

待ってる間に...

 

 

お酒あるじゃないですかーーーー!!!!

 

うれしい。

 

出掛けた先でお天道様が沈む前にアルコールを頂くことが娘とイチャイチャする事の次に好きです。

 

いただきます。

 

レッドエールピルスナーの二種類。

 

黒ビールに近い味わいのレッドエールをいただく。

 

うん。素敵な味の表現は自分には出来ないけれど

(深みのあるホップの苦味とほのかな麦芽の甘味が見事にマッチし、香り高い最高のビール)

このクソ暑い夏に

大好きなジブリの中にいて飲むビール

美味いに決まってます。

 

うーたとラムネで乾杯。

 

カフェ麦わら帽子

30分程待ったでしょうか?

ビールをいただき

いい気分になり始めた頃に

カフェに通されました。

 

勿論建物内になってしまうので撮影NG。

 

しかし注文したお料理の写真は撮影OKとの事。

 

お腹が空いていたのでカツサンドを

 

 

中々ボリューミィ。

 

先ほど飲んだのにまたアルコールを追加。

 

リアルエールという

炭酸弱め、キンキンに冷えているビールではなく少しぬるめ。

ごくごく飲むものではなく少しずつ楽しむビールのようです。

 

そんな事言ったって

ビールはビールでしょ!?

すぐ飲み干してしまうわっ!

と思ったけれども

炭酸弱目で

ぬるめだと

本当にチビチビ飲むという事を知りました。

 

家で飲むアルコールも

ぬるめにしよう....。

最期のトトロ

食事も済ませて日が暮れ始めたのでもうこの辺でお開きという事に。

 

最後に受付にトトロがいてフォトスポットになっていたので写真に収めようと撮った所・・・・・

 

 

 

 

 

トトロの邪悪感がSUGOI。

 

まとめ

念願だったジブリの森美術館。

やっと行くことができました。

 

やっぱりジブリはいいなぁ・・・と再認識。

入場料がたった1000円って物凄いお得感です。

 

ただ.....写真を撮る事が出来ないのは個人的に残念ですねぇ......。

 

今回は全てを隈なく見る事ができなかったので

是非また行きたいなぁと思います。

 

そして娘にちゃんとトトロをはじめとしたジブリ作品を見せようと思います。

 

それではこの辺で

しーゆー。

楽しかった休日の思い出がまた一つ増えました。

それではこの辺で

しーゆー。

この記事にて初めて当ブログにいらっしゃった方へ

はじめましてはこちら

336

336B

各snsでブログの更新をお伝えしております

フォローして頂き

シェア、リツイートして頂けると嬉しいです。

Facebook

Twitter

Instagram

マリッシュ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
やましー

やましー

娘が生後11ヶ月の頃ひとり親になった美容師です。 シングルの気持ち、体験、育児、日々の生活や 本職の美容師の経験からヘアに関する役に立ちそうな情報など色々発信して記事にしていきたいと思っています。

-体験談

Copyright© Yamashi-blog , 2019 All Rights Reserved.